Dream of hetare the world リターンズ

自己満足で考案するブログです 久々にやります

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒緑速攻

2011-04-27-Wed-02:00
vaultで黒緑速攻(http://dmvault.ath.cx/deck382738.html)で20戦した結果15勝5敗。
勝ったデッキが不滅オロチ2回、4cディアボロス1回、ネクラ3回、ドロマー3回、ホーガン2回、黒緑速攻1回、その他3回。
負けたデッキが不滅オロチ2回、4cディアボロス1回、青黒速攻1回、ホーガン1回。


今更ですが先行後攻で訳が違いますね。
負けた試合は3回後攻と2回がエンフォーサー張られてダルマを引けなかった事。
一回はモスキートでダルマを回収する前にエンフォーサー張られたんですよね。
置いた僕のプレミスです。

速攻1ターンの差が激しく、エンフォーサーをみんな積んでいる環境なのでいかに出されるまでにシールドを削って、ダルマで押し切るかが大切です。
ダルマを引けない場合はナスからモスキートで回収できる手が。
青黒速攻の場合はエンフォーサーを張られたときアレクセイ候を気合で引くしかないんですが、黒緑速攻は確実に回収できる手があるのが強みでもあります。

殴り方も重要。ただ殴るだけでは勝率を下げる場合もあるのです。
時には殴らないプレイングも重要。一本トリガー踏んだりすると逆転されることもしばしば。
不滅オロチに7マナ溜められても諦めない事。
数を並べてたりハックルを駆使すると勝てるときもあるのです。
後、ジャンケン重要。これ間違いないです。

黒緑速攻は意外と構築も重要。
最近ではコダマを抜いていたり、陰陽の舞積んでたり、ヴィネス積んでたり。

ダルマンディは必須。エンフォーサーが流行っている今では4枚でも普通なのです。
さらにホーガンのタイガーも回避できるのでクリ出せないのは痛いですが要塞する価値があるカードなのです。
エンフォーサーやタイガーが入ってないデッキはこれより数を並べることが重要なのでお忘れなく。

トリッパーも今はほぼ必須。不滅オロチに対して遅延できるのはデカい。
というか今のメタデッキに全部刺さりそうです。
3、4枚は積むのがいいでしょうねえ。

黒緑速攻で先行とって適当に数並べて殴れば勝てるってのも分かります。
確かにそれも黒緑の一つの利点でもあるのですが、深く考えてプレイする黒緑もいいんじゃないんでしょうか。
プレイングを考えて少しでも勝率を上げられるならそっちの方がいいのです。
スポンサーサイト

青黒メルゲ速攻part2

2011-04-19-Tue-03:17
この前の続き。
基本20戦です。

vaultで青黒メルゲ(http://dmvault.ath.cx/deck378760.html)で10戦した結果8勝2敗。
勝ったデッキが4cディアボロス4回、不滅オロチ2回、ホーガン1回、その他1回。
負けたデッキが不滅オロチ1回、4cディアボロス1回。


・今回はほぼ全部ガチ相手でしたが安定の勝率。
負けた試合は両方ともゴーゴンとトリッパーを出せなかった事。
エンフォーサーも怖いんですが、これも中々怖いですね。
一応4:4で積んでいるんですが引けないようならオボロをもう一枚増やした方がいいのかな。

・2マナのクリは8体じゃ少ないと感じるときがありました。
1回1、2ターン何も出来ないときもありました。
そう考えるともう少し数を増やした方がいいかもしれませんね。
コダマとメルゲは定番。
例でこれらが4枚ずつ入ってるとして入れる候補は
オボロカゲロウ イルルカ ストリウム
とかかな?
オボロは入れ替えでゴーゴンやトリッパーを呼び寄せれるし、イルルカは墓地を肥やしエンフォーサーを越えられ、ストリウムは死なずにエンフォーサーを越えられる。
やっぱりオボロがずば抜けてる感じはしますがね。

青黒メルゲ速攻part1

2011-04-16-Sat-03:31
vaultで青黒メルゲ(http://dmvault.ath.cx/deck378760.html)で10戦した結果5勝5敗。
勝ったデッキが不滅オロチ3回、4cディアボロス1回、GENJI1回。
負けたデッキが4cディアボロス1回、ホーガン1回、その他3回。


やっぱ不滅には安定の勝率。
エンフォーサー出されてもある程度シールドを削ってれば、ゴワルスキーやドルゲドスで押し切れる時もありました。
エンフォーサーの返しにアレクセイ候出すとほぼ勝ちです。

ただやっぱ超次元メタの速攻なので呪文が少ないデッキ相手だと普通にぼこられました。
普段あんまり速攻を使わないのでプレイングが悪かったのかもしれませんが、ニンジャ入ってるデッキはキツすぎますね。

ホーガンは序盤にタイガー踏んで死にました。
後、パルピィの壁が厚い厚い。
2匹出ると普通に死ねます。

青黒は進化の配分が悩みますね。
デスマ、ゴワルスキー、ドルゲドスとどれも協力。
デスマは同系、ゴワルスキーはエンフォーサーを避けられ、ドルゲドスはブロッカーを対処できる。
ここが一番の考えどころだと思います。

後、アレクセイ候。
僕は1です。邪魔になるんです。
引いたらキープしといて引かなかったらゴワルスキーやドルゲドスでごり押しみたいな。
大抵積んでる枚数は1~2なのでこっちも同じ割合でいいかと。
意外とシャドームーンとかいけるかもしれませんね。
ホーガンのタイガーを避けられ、エンフォーサーも避けられますし。


残りの考案や感想はpart2に続きます。

白黒緑青不滅オロチ

2011-04-15-Fri-17:08
vaultで不滅オロチ(http://dmvault.ath.cx/deck366584.html)で20戦した結果16勝4敗。
勝ったデッキが不滅オロチ3回、ネクラ5回、Mロマ2回、5色2回、ドロマー1回、その他3回。
負けたデッキが青黒メルゲ2回、黒緑速攻1回、ネクラ1回。


やっぱ強い。
そこらのデッキに負ける要素が無い。
勝率をみるとトップメタってのが納得いきますね。
やっぱ不滅+オロチが汚い。
アイアンズかデルフィン出ただけで絶望状態ですからね。

速攻に勝ててない件。
青黒メルゲは1戦はゴーゴンを連続で3体出されて無理ゲーだったんですが、もう一戦はゴーゴン出てこなかったけど手札にホールが無くて死んだ。
黒緑は完璧にペース握ってたのにオロチが無かった。
3回とも後攻だったけどやっぱ後攻はエンフォーサーかトリガーライフが無いとほぼ勝てませんね。

同系には全部勝てました。
やっぱデルフィン出すと結構止まってくれるのと、エマジェン社ができるかどうかで大分変わりますね。
並べられてもバルカがあるので逆転も十分できる所も魅力。
今までは同系苦手だったんですが大分やり方が分かった気がします。

最近青黒メルゲが増えてるのは間違いなく、エンフォーサー出したらアレクセイ候が出てこない限りは大体勝てます。
最近の不滅オロチには2枚積んでる人が多いですね。
速攻は先行取れれば大体勝てると考えてる自分ですが、やっぱ後攻の事も考えて青黒メルゲが流行ってる間はエンフォーサー投入は必須かもしれませんね。

ホーガンとは対戦してないんですが速度勝負ですね。
ホール→オロチかガイアクラッシュどちらのデッキが早く出す事ができるかです。
不滅側は不利なのですが勝てない相手ではないです。

青白黒超次元ドロマーpart2

2011-04-15-Fri-17:07
昨日の続き。
残り10戦vaultで白黒青超次元ドロマー(http://dmvault.ath.cx/deck346866.html)で10戦やって5勝5敗。
勝ったデッキが不滅オロチとネクラとその他3。
負けたデッキが不滅オロチ2回とホーガン1回と5色とその他2。

不滅オロチに対しては3戦やって1勝2敗。
2敗はいい勝負してたんですけどね。

1回は相手手札0。場クリ無し。こっちは手札2。場にアヴァ×2とアンタ×2。
オロチ2枚が死んでいて、ハンデスしかないので一回でも不滅が来ると無理だと思ったので強引にビート。
次のターン。相手ライト→タイフーン→最誕→ドラヴィタで紋章回収→不滅でエンド。
こっちはアンラッキー→タッチでオロチが落ちたのでもう無いだろうと思ったら4体目のオロチがorz
詰めが甘すぎましたね。

もう一回はこっちの場にアヴァ×2とアンタ×2。手札にストロングスパイラルとバイスホール。
相手の場に不滅×1のみ。
バイスホールで手札見るとバルカ。相手黒マナが無いのでディアボロスZ出して勝ったと思ったら、黒マナ引かれてバルカ出されたorz


やっぱ無理ですね。
不滅に対しては運が良ければ勝てるけど、ホーガン相手にはキツすぎ。
ガイアクラッシュorホーガン出される=負けみたいな感じなんです。
不滅オロチもいくらハンデスしても場に不滅さえいえればオロチ引くだけで逆転され、デルフィンやバルカが出たら投了なんですよね。
常に危ない橋を渡ってるみたいな感じなんです。

やっぱ今の環境じゃこの超次元主体のドロマーはキツイっす。
次の殿堂入りか新弾に期待です。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。